コットン石膏

排他的Tapeteダイ!

Vliestapete

によって書かれた: ディルク・モース - 5月• 03•13

Vliestapete

Vliestapete

不織布壁紙は今、長い古典的な壁紙と一緒に自分の場所となっています – 正当な理由のために. これらは、非常に容易に加工することができます, 何の浸漬を必要とせず、非常に包括的選択の設計と構造を提供.

不織布壁紙のコンポーネント

フリース壁の壁画は、ポリエステルで作られています- セルロース繊維, ポリマーに基づく特殊なバインダーに接続されています. 今、任意の所望のパターンあるいは異なる構造の表面に印刷することができます – 好みに応じて. フリース壁の壁画は、任意の溶剤が含まれていません, 重金属やホルムアルデヒドので、環境に優しいです.

全ての基板に適して

石膏や石かどうか, 石膏ボードまたは既存の壁紙 – 群れの壁紙とすべての基板を簡単に貼り付けることができます. でも小さなバンプやひび割れは、彼らと、紙に簡単であってもエッジに勝ちます- そして、圧縮強度 – このための用語であります “亀裂ブリッジング”. 不織布壁紙の他の実績のある機能は、水蒸気及び可燃性への浸透性あります.

壁紙に比べて不織布壁紙とwallpapering

壁紙紙の場合、各列は慎重に貼り付けなければならず、正確な柔らかい時間が尊重されます. それ以外の場合は、ウェブが多すぎるか、しばらくの固着を引き裂くを拡大します. 不織布壁紙については、これは適用されません。: これらは、容易に上記前壁貼り付けに適用されます – 浸漬なし. これは非常にwallpapering容易にし、また多くの時間を節約できます. 特に、天井のwallpaperingは、壁紙の不織布著しくライターが付属しています, 彼らは浸しする必要があり、引き裂きに対して比較的耐性であるていないため. したがって、それらはDIYersに最適です – 人々のために, 持っているくらいかwallpaperingと経験がないではありません.

wallpaperingのための実用的な手順

不織布壁紙の処理の動作は非常に体系的です. まずはペーストの混合で, 最初は、約半分の時間でなければなりません, それが使用される前に. この時間の間に必要なすべての壁紙ストリップをカットすることができます. ペーストの準備ができた場合, 問題の壁は単に接着剤にまみれた後、ストリップによって不織布壁紙のストリップを接着します. 各トラックは今平滑化されます, 任意の突起が切断されます – 以上が行うことではありません. 壁紙ペーストと接触すると拡大は、一緒にいない乾燥中に伸縮しません. このため、パターン化された壁紙の処理は非常に簡単です。. 壁紙は、最終的に置換されている場合, それは壁の乾燥からいくつかの手順を引き出すことができます – 前浸漬または必要削れ何もありません. アパートに多くの楽しみをwallpapering不織布壁紙と, それはとても簡単ですので、.

©dieter76 – Fotolia.com

あなたはを通してこのエントリへの応答に続くことができます RSS 2.0 フィード. あなたはできる 応答を残します, または トラックバック 自分のサイトから.

返信を残します

あなたのメールアドレスが公開されることはありません.